交通事故に遭いました : 2008.02.08 Friday

   
といっても大した事故ではないですが。

イエメン時間の2月7日の午後2時40分頃、市場で車とぶつかりました。
今はもう痛みもなくて走れるほど元気なのですが、ぶつかった時は膝に激痛が走って歩けませんでした。

今回はダラダラと長いですが、そのお話。
あまりにムカついたのでHPの更新よりもブログを優先であります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
野菜市場を歩いていると、狭い道に強引に入ってきた車が一台。
避けるも遅く、左足の膝にぶつかりました。
ぶつかった瞬間、膝が逆に曲がり激痛。

車はそのまま進もうとするも人ごみで進めずで止まった車の運転手と助手席の男に日本語で「お前ぶつかったぞ!足がメッチャ痛い、病院、病院!ホスピタル!」と怒鳴りまくりました。
すると周りに人々が大集合。

運転手は笑って済まそうとするので大声で「ポリース!」と言うと、他のイエメン人が運転手と何やら話して「車に乗れ」との事。
運転手が病院に連れて行くようです。

一緒にいた"さっちゃん"が咄嗟に同乗してくれました。
(ひろみんは、たまたま宿で留守番)

が、100m程進んで車を止め「OK、OK、ハラス(終了の意味)」と言って逃げようとします。
再度「ポリース!」と怒ると、焦って"ちょっと待て"のジェスチャー。

どこへ行くのか車内から見ていると、なんと、この状況で"カート"を買いに行ったのでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
"カート"とは大量に口に含み継続して噛んでいると覚醒する葉っぱでイエメン人はこれが大好き。
アラーの教えでお酒がNGなので、その代わりにカートで楽しく酔う(というか覚醒する)のです。
お隣のサウジアラビアでは麻薬として禁止されているものです。
イエメンでは警察や軍隊でも職務中にやっている。
イエメンはカート無しでは生きられないダメ人間だらけ。
カートがある限り、イエメンの発展はないでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夕方前頃には、殆どのイエメン人(男)は、大量のカートを"ほっぺた"に含み、こぶとり爺さんのような顔になっており、そしてハイテンション。

日本だと、車をぶつけた後に酒屋にウイスキーを買いに行くような感じでしょうか。
久々に心の底から呆れました。

さっちゃんがカートを買いに行った運転手を呼びにいってくれて、やっと戻ってきましたが、オヤジはカートを買ってニヤニヤしています。

運転手に「ホスピタル!ホスピタル!」と怒鳴り、やっと車は病院へ。
しかし車中でこちらを心配する様子はなく、助手席の男と笑いながら運転。
怒りで頭の血管が切れそうでした。

車を降りる時に「病院のお金はあなたが払うんだよ」とジェスチャーを交え説明すると助手席の男が降りて一緒についてきました。
実はこの時点でもう足は大して痛くなかったのですが、わざと足を引きずり男の肩を借りつつしっかり捕まえて病院に入りました。
念のために運転手と助手席の男、それに車の写真撮影。
そして車はそのままどこかに。

病院に入って直ぐに診察。
英語が話せる先生が来たので状況を説明し、最後に「お金は彼が払うので彼に請求してくれ。」と言うと「分かった。問題ない。」と先生。
そして触診しつつ診察開始。

その時、助手席の男が電話を掛けるジェスチャーして外へ出て行きました。
怪しいと思ったさっちゃんがとっさに後を追っかました。

触診が終わり、レントゲン撮るからと部屋を移動しました。

レントゲン室に入ると、後ろから「あいつ、逃げてった!くやしい!」と怒りながらさっちゃんが戻ってきました。

話を聞くと、男は病院を出るや走り出し、通りかかったバイクに乗って逃亡。
「待てー!」と叫びつつ追っかけるさっちゃん。
それを聞き、逃げる男を止めようとした人達が居たものの、うまく逃げていったようです。

追っかけるなんてスゴイよ、さっちゃん。
追っかけてくれて、ありがとう。
新たな危害が無くて良かったです。

で、先生に「彼は逃げたけど、車と顔の写真撮っているよ。」というと、「OK. Good!ポリスを呼ぼう。支払いは心配するな。」と言ってくれました。

安心して膝の正面と横からレントゲンを取り、再度診察室へ。

直ぐに恰幅のよい警官が現れ、調書を取り始めました。
英語が通じないので他のスタッフが通訳。
デジカメを見せると「OK!Good!」と車の番号を控える警官。

これで彼らに何かしらの罰があるはずです。
逃げた天罰が下りますように!!

その後、先生が現れて「骨には一切異常なし。筋を痛めたようだ。1週間で治るから心配ない。」との事。
帰る頃には痛みも無くなり(病院では痛いふりをし続けましたが)、骨に異常もないしもう安心。

宿に送ってもらう途中で車を降りて、スーパーで買い物して歩いて帰りましたとさ。

ああ、やれやれ。

●余談:これぞイエメンの病院だ!

病院内を観察し、いくつか面白いことを発見したので書き留めます。

・大きな病院なのに普通に停電。手術中とかどうするんでしょ?
・患者が居ても泡だらけのモップで床掃除。床が泡泡で滑りまくり。
・病院内は"カート"持ち込み禁止。(入口で預ける)

極めつけは、
・看護婦さんの格好は薄いブルーのナース服。
 しかし顔は黒い布で覆って目のみ見える状態。(イスラム教)

見た目が怖いです、超怖い。
「まるで天使のようだ」ではなく「まるで地獄からの使者だ」が正解。

幸せの国  イエメン : 2008.02.07 Thursday

   
只今、イエメンに来ています。

先月21日に西洋人旅行者がアルカイーダと見られる集団に銃殺された事件が発生。
そのために『外国人へのバス移動の制限』『訪問不許可地域』が出てしまいました。

行きたかった場所が4箇所あったのに、そのうち2箇所もアウト。

その他にもツアーを組まない限り旅行許可が出ない場所なんてものも。
それはなんと"機関銃を持った兵隊さん数人"を連れてのツアーです。
本当に危険な場所はツアーも不可なので、まず襲われることは無いと思いますが何というツアーだこと。

『幸せの国イエメン』と呼ばれるイエメンは"部族抗争"や"イスラム過激派"が多いようで幸せとは程遠い?

部族抗争と言えば大統領選挙後のケニアが大変な様子。
「イエメンからエチオピア、そしてケニアへ」と思っていたのにちょっと気楽に旅行する雰囲気ではありません。
ケニアはすっ飛ばして旅行することになりそうです。

うーん、世界は平和になるよりも、益々物騒になっているような……。
誰もがいつも笑って過ごせる世界なんて、夢また夢の物語?

競争社会=不幸な社会?

世界はいったい何処へ向かっているのでしょう。
少しでも平和な世界になりますように。

これで快適、ウルトラ旅行術!? : 2008.01.24 Thursday

   
最近、メインページの更新が止まっておりますが、忘れないうちにブログをば。。。。

いつもの如くプリプリ怒って旅行していると、1人の【旅行の達人】が言いました。

「奴らは、こちらを人と思わず対等に接してこないから、こちらも奴らを蔑んで動物か何かと思って接すればあまり腹が立ちませんよ。」
「奴らに"対等に思ってもらう事"なんて無理無理、無駄です。」
「ある程度交渉して話にならないなら、馬鹿にして立ち去ればいい。」
「多少ボラれても、その辺の犬か猫にでもエサをやる気持ちでOK。」
「困ったときには金を見せれば何でもするし便利。」

確かにその考えが出来れば旅は快適かも!!
西洋人も小銭渡して現地人をコキ使ってますし!(※私的な見解)

って、その考えが出来ないから毎日プリプリしてるんですけどね。

僕らはキャッシュマシーンでもないし、彼らは動物でも奴隷でもない。

しかし、貧しくとも心は豊かにありたいとは、"まだ生活が豊か"だから思えることで、生きるのに精一杯なら他人の事なんて構ってられません。

『能書き垂れるよりも金をよこせ!』って声が聞こえてきそうです。

そんな中を旅する僕らは、結局単なるキャッシュマシーン?
こっちが一方的に仲良くしたい思うのは所詮先進国のエゴですか?

プリプリしながら今日も行く。

カイロの地下鉄にて : 2008.01.19 Saturday

   
今回は少しだけマジメな話。

カイロの地下鉄の通路を歩いていた時の事。

地下道の壁一面に↓の絵がタイルで描いてありました。



これ"ヒットラー"ですね、ユダヤ人大量虐殺の張本人。
【1月24日追記】
※これエジプト第2代目大統領ナーセル氏でした。
凝り固まった自分の考えに反省。
しかし本人よりもヒットラーにそっくりで...大汗

一箇所だけではなくて、何箇所もありました。

イスラム教がユダヤ人を嫌うのは宗教観上どうしようもない事なのかもしれませんが、公共の地下鉄の壁一面にヒットラーを描いてしまうエジプトという国と人々。

どんな意図があってこのタイル画があるのか分かりませんが、非常に怖いものを感じました。

日本の常識≠世界の常識ですが、こんな場所にヒットラーを描く人々の常識とは一体どんなものなのか。

カイロの地下鉄、そこは「宗教戦争は永遠に終わらない」と思ってしまう場所なのでした。

ツタンカーメンの呪い? : 2008.01.03 Thursday

   
昨年12月26日から風邪を引いてしまい、未だにゴホゴホ言っているわけですが、どうも調子がおかしい。

1. 40℃以上の高熱
2. 眼球の裏部分の頭痛
3. 極度の倦怠感
4. 気管支炎で喉がビュービュー
5. ヒゲが全然伸びない。なんで?

と言った具合で、非常に調子悪く、何をするでもなく寝ている生活。
ダハブに着てからもう8日間、新年は3日が過ぎようとしているのに何にもしていません。

考えてみるとピラミッド観光のあと辺りから少しづつ調子が悪くなっていってるようで、ピラミッドの中に入ったときに肺にカビが入ったか、考古学博物館でツタンカーメンのマスクを見たときに悪態をついて(「実物より写真の方がキレイだ」)バチが当たったか、どちらかと睨んでいるんです。

だって、熱でうなされている時に「ピラミッドの頂上で両手を振っている自分」の夢みるし、昨日はツタンカーメンとラクダと自分が合体して、ラクダで空を飛ぶ夢をみました。
初夢じゃなかったからいいけれど、初夢でこんな夢見たくない。

『いよいよ熱が脳みそに回ったかしら??』

マラリアとかの病気は症状からして無さそうで安心なんだけど、ダルいの何とかしてください。

ツタンカーメンの呪いって、線香焚けば消えますか?

思わぬ誤算 : 2007.12.27 Thursday

   
旅行好きといいながら、今まで全然知りませんでした。

エジプト、冬あるじゃん!!!!

暑い認識しかありませんでした。
あー寝袋、日本に送っちゃったよ。。。抜かった。。。

安宿のベッドは毛布がダニだらけで使う気にならず、夜、凍死するかと思いました。

エジプト、日本の冬と同じ時期が冬です。
昼は日差しが強くそこそこ暑いですが、夜はメチャクチャ寒いです。

「馬鹿は風邪ひかない」というけれど、マジで風邪ひきそう。

で、そして今、ダハブ(紅海のビーチリゾート)におります。

えーい、こうなれば年末年始はダハブでマッタリだっ!

と思って来たのに、ここも日中も海に入れないくらい寒い風がビュービュー。

思わぬ誤算というか、何たる思い込み。

移動前にちゃんと気温も調べないと。。。

そうそう、調べるといえば、エジプトから西に移動と思っていたら、11月中旬にリビアへの日本人の入国は不可能になってました。
日本人でこの事を知っている人がどのくらい居るのだろう?
もしかしてニュースになってました?

ということでリビアへの道が閉ざされ、エジプトに来て、いきなり進むべき方向を失いました。

国際情勢も数ヶ月先を睨んでチェックしないとね。

思わぬ誤算というのは、結局は自分の思い込みが原因で。

思い込みも何もないように、次のルートはサイコロに任せるとしよう。

世界一周サイコロの旅。
うーん、ちょっと微妙。

ああ、どこへ行こうかしら。。。。。

そろそろインド終了 : 2007.12.10 Monday

   
南インドのバルカラビーチに12日間滞在しました。

当初はこんなに居るつもりなかったのに、予想外の居心地の良さに思わず沈没。

インド人とほとんど係わりを持たず、カレーも一切食べず、ビーチやレストランや宿でノンビリ。
インドにいてインドじゃない生活を満喫しました。

するとどうでしょう、インドの旅疲れが完全リフレッシュ!!

次への活力が沸きまくり。
ただし、インドじゃない場所へですが……。

19日にはエジプトへ向け飛行機で移動だけれど残り10日もあるのが長い!

もう2度とインドには来ないと思うけれど、もうインド巡りは要らないって感じ。
今回で3回目、合計4ヵ月半以上の滞在になるインド。
面白い国ではあるけれど、やっぱり好きにはなれません。

次はインドで一番美しいと言われるビーチで、出発間際までノンビリの予定。
はたして良い思い出のままインドを抜けられるか!?

あと10日もあるので何かしらハプニングの予感☆

化け物牛、現る! : 2007.10.26 Friday

   
道には野良牛がゴロゴロしているインド。

そんなインドだからか、メチャクチャ大きい牛を発見。

大きさは2000ccクラスのワンボックスカー以上。
背の高さは余裕で2mを超え、顔からお尻までは4m以上!
牛ですよ、牛。
角もメチャクチャ立派でバッファローマン(古っ)もきっとタジタジ。
トラやライオンと戦ったって余裕で勝てそうです。
これまたバカデカイ荷車を引いておりました。

あまりの大きさにビックリして写真撮るのを忘れてしまうほど(無念)

今回、インドに入って初めて感動に近い喜びを得ました。
さすがはインド!インド凄い!というか牛大国インド!!

怪物牛ともう一度会って写真撮りたい。
お金出してでも上に乗りたい。

ニューデリー駅前のメインバザールの奥の奥、一日見張っていれば会えるかも?

いやはや、あんなに大きな牛を見れてインドにきて良かった!
タージマハールよりも凄いのではないか?(マジで)

何を食べたらあんなに大きくなるのでしょう?
やっぱりカレー?
はてさて牛はカレーを食べるのだろうか……


ひろみんがジンマシン : 2007.10.23 Tuesday

   
今後はひろみんが全身ジンマシンです。
カレーに入っていたチーズが原因?

ちゃんと医者に行き薬を貰いました。
だがしかし、医者でもボラれた。
さすがはインド。笑

しばしデリーにて休養して次へと向かいます。

ああ、インドは災難が多いなぁ。
なんでかなぁ〜。

ヨガで体もすっきり? : 2007.10.14 Sunday

   
『ヨガのふるさと』らしいインドのリシュケシュ。
わざわざ世界各地からリシュケシュにヨガ修行をしにくるツーリストが沢山います。
僕らもその中の一人って訳ですが、旅行者を見ていて気付いたことアリ。

『太った人が誰もいない&どっちかというとヤセ気味』

お肉どころか卵すらない町でベジタリアン食を食べ、毎日ヨガに瞑想にと励んでいるのですから、そりゃ痩せます。

『こんな所にいたら骨と皮だけになっちゃうよー!!!』

ダイエットにヨガ、本当に効果あるのかもしれません。

と思ってたら、ひろみんの体重は減るどころが増えてます。
なんで?
もしかしてインド人化してる?
インドカレーで太れる体質ですか?
こんな生活で太るなんて、将来が恐ろしや……。

ちなみに僕はヨガしていません。
これ以上痩せても困るしね。

今の僕には、ヨガで体すっきりさせるよりも肉じゃ、肉!

道を歩けば野良牛だらけなのに、牛肉が食べれないインドの悲しさよ。涙


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM