ユニクロとグローバリゼーション : 2009.12.26 Saturday

   

旅行中、大活躍したユニクロのTシャツ。
毎日手洗いしても、襟首は全然伸びず、色あせも少ない。
3年以上、旅行でボロボロになるまで着てたけど、ビリッと破れたのでついに処分しました。
昔の事で覚えてないけど、多分一枚700円程度で買ってるはず。
着まくって3年以上で700円、この費用対効果はものすごい。

大好きです、ユニクロ。

で、そのユニクロが31日間日替わりセールをしていて、今日はズボンが790円ってことで買いに行きました。

というのも所有しているズボンが今ではどれもお腹がキツく、殆ど着れなくなって……最近お腹がすごいことになってます。

お店では、迷わずLサイズを購入。
僕は格好にあまり気を使わないので、お店で商品を手にとってすぐにレジに向かいました。
値段安いし、多少の不恰好は気にしない。
「安い買い物できた♪」と家に帰って早速着てみたら、なんとお腹がゆるゆるではないですか!
「もしかして痩せた!?」と一瞬思ったけれど、そんなことはありえない。

日本のLサイズはいつのまにやらデカくなってる?と思ったり。

ユニクロもひそかに欧米化?
これがグローバリゼーションというものか。(激しく勘違い)

旅行中、ヨーロッパで買ったズボンの裾が短く滑稽だったのを思い出した。
あの時は「欧州サイズはデカイから」と思ったのが災いしたけど、今度は「小さいと困るから」と災いした。

リスボンの"発見のモニュメント"の前で
ズボンの裾短いの分かるかな?

ま、これであと10kgは太れるから良しとしよう。
年末年始は食べまくるぞ!

というか、今更ながら「服はちゃんと試着して買おう……」と反省。

反省までさせてくれるなんて、やっぱりユニクロすごい!

赤りんご世界一周新婚旅行、2年7ヶ月で終了。只今、ニート満喫中!赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!

クリスマスとか正月とか : 2009.12.25 Friday

   

昼からクリスマスケーキ食べた。。。

「メリークリスマス!」

兄の娘がクリスマスプレゼントを欲しいがためにやってきた。

そんなこと言われたって、我が家は仏教だし。
っていうか、僕はそもそも神というものを信じてないし。

勿論、クリスマスに託けてみんなでワイワイ楽しむのは大賛成。
クリスマスの何がめでたいのか分からないけれどね。

しかーし、3年も無職で海外ニートな出産も間近なおじさんを訪れて、クリスマスプレゼントが欲しいとは、ああ、子供は無邪気というよりも残虐だ。

そして新年には、間違いなく「お年玉頂戴!」攻撃が待っている。

ずっと楽しみにしてた、嬉しいはずの日本でのクリスマスやお正月が姪っ子ら(全部で5人)の脅威によって揺らいでいる今日この頃。

もういくつ寝るとお正月、めでたいんだか、めでたくないんだか。

ああ、不況よりも何よりも子供たちが恐ろしい。。。

兄の子供に見返り無く金品をあげるのもシャクなので「僕にもクリスマスプレゼント頂戴!」と聞いた瞬間、「じゃあ金くれ」と手を出されて絶望。

ああ、生まれてくる我が子よ、君はこうあるで無かれ。


皆様、素晴らしいクリスマスと年末、新年をお迎えください。

年越しニート村っつうのはないですか?
あったら避難したいです。

とほほ。。。


姪っ子と散歩


赤りんご世界一周新婚旅行、2年7ヶ月で終了。只今、ニート満喫中!赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!

ドラえもんに憧れて : 2009.11.17 Tuesday

   
僕の友達の大半は、ドラえもんの誕生日を知っている。
正確にいえば、誕生日は覚えていないかもしれないが、少なくともドラえもんに誕生日があることは知っている。

何故かといえば、単に僕がドラえもんの誕生日を言いまくっているからだ。

「ドラえもんの誕生日知ってる?9月3日だよ!僕の誕生日と一緒!!」

遡ること30年以上も昔、友達から借りた「小学2年生」の付録「ドラえもん百科」でドラえもんの誕生日が自分と同じことを知ったときの嬉しさを今でも覚えている。

「いつか僕は、ドラえもんになるんだ!」

翌日の学校でドラえもんの誕生日を自慢するもイマイチ反応が悪かったこともイヤな思い出としてしっかりと記憶に焼きついている。

その後、僕が大人になって"ひろみん"と出会い結婚するに至ったのは、僕が素敵とか、彼女が可愛いとか天然とか癒しとかそんなことではなくて、僕が誕生日を言った瞬間「あ、ドラえもんの誕生日と一緒だ、いいなぁー!」と言ったから。
ひろみんは、かなりの"ドラえもんマニア"なのだった……。

ドラえもんと誕生日が一緒でよかった!

ちなみに"ひろみん"は「私はしずかちゃん」と言うが、どちらかというとパーマンに出てくるパー子のようである。

自称しずかちゃんを貰った、のび太よりもスネ夫な僕は今でも「いつかドラえもんになるんだ!」と思っている。


ドラえもん? 左手に注目

時は流れて現在。

旅行中に左手中指の付け根あたりにシコリができ少しづつ大きくなってきて、最近モノを持つだけで痛くなってきた。
これは悪い病気かもしれんと焦って整形外科に行きました。

先生は3秒も触らず「はい、分かりました。ガングリオンです。」との診断。
「ガングリオンってなに?」って感じだったけれど、「ほっといても問題ないが痛いなら手術で取った方が良い」とのことで手術をすることに。

で、昨日手術しました。
大した病気ではないので20分程で終わりましたが、中指の付け根を切開したので手は包帯でぐるぐる巻き。


結果、ドラえもんの手になりました♪

そして、貧乏旅行後の快適日本生活のお陰で、体の方もドラえもん体形に!!

ドラえもんになれる日も近いかもしれないと思った39歳の初秋、風は今も強く吹いている。

ついでにいうと、ひろみんの親友(人妻!)も僕の誕生日を「いいなぁ」と言ってたので、とても興味を持っている。

時折吹く山からの風が木々を揺らしている。

ドラえもんは、今日も僕の人生と共に歩んでいる。

赤りんご世界一周新婚旅行、2年7ヶ月で終了。只今、のび太生活!赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!

東京砂漠 : 2009.11.02 Monday

   

新宿駅を宇宙から from Google Map

ひろみん家に久しぶりの再会&仕事の面接や密談も兼ねて、お腹が大きいひろみんと一緒に東京に来てます。

日本の物価に今だ慣れない僕らには新幹線は高過ぎなので、時間が掛かるけどお値段格安の高速バスで東京に来ました。

四日市から名古屋まで約1時間、名古屋から新宿まで約6時間。
新宿からひろみんの実家まで約1時間の計8時間移動。

「妊婦には大変! 新幹線使うべき!!」

なんて心配してくれる方が多数おりましたが、何をおっしゃるウサギさん。

日本の高速バスは、車内広々でトイレも付いてるし、定期的にサービスエリアでも休憩するし、道路は舗装されているので揺れもなし。

海外での移動生活に慣れた僕らには、こんな極楽環境でたった8時間の移動だなんて快適でしかありません。
妊娠中のひろみんも「快適」連発!

これでお値段新幹線の3分の1(時間は3倍)なんだから、時間はあるし使わないのが勿体無い。

ということで、快適に東京に出てこれた僕達ですが、新宿駅から電車に乗った瞬間に、急に旅に出たくなりました。

新宿駅は人がぎゅうぎゅうに詰まった感じで、とにかく人が多過ぎて気持ち悪い……電車に乗れば、ぎゅうぎゅうの車内は金曜の夕方だというのにサラリーマンは誰もがどんよりした顔をしており、電車の中では皆携帯を見つめています。

日本じゃ当たり前の風景だけど、なんだかスゴイ風景。

旅行中に出会った外国人達が「東京の電車は気持ち悪い」といってたことをやっと実感。

人々は人工物のように虚ろな顔で携帯を見つめ、ぎゅうぎゅうな車内は不自然に静まりかえり…ああ、これぞ人間疎外の首都・東京、これぞ東京砂漠。

こんな人混み混みの東京での電車移動1時間が僕らにはかなりキツかった。

今まで全然気づかなかったけど、仕事始めれば自分もこうなるかもと思うとゾっとした!

ってことで、就職活動中止!!

なんてね。(笑)

パラグアイで足止め : 2009.08.19 Wednesday

   
今回は文字&愚痴ばっかり、そして無駄に長いのでお暇な時にどうぞ。

「パラグアイを抜け、ブラジルだっ!」とエンカルナシオンからイグアス居住地に移動し、翌日の夜行バスでブラジルとの国境の町:P.J.CABALLERO(ペドロ・ファン・カバジェーロ)へ向かうことにしました。

イグアス居住地にある"41km地点のバス停"で22:10過ぎにバス乗車。
翌早朝着なのですぐにオヤスミ……と、午前2時過ぎ、バスがエンジン故障のため動かなくなりました。
乗務員は他社のバスを止めて乗客だけを他のバスへ移動させました。
荷物は終点のバスステーションに後で届けるつもりのようです。
「荷物を移動させろ」と添乗員にしつこく言うも「問題ない」の一点張り。
結局、荷物を移せないまま、しかも通路に座って一睡も出来ずに朝6時に国境の町のバスターミナルに到着。

降車後、乗換えたバスの添乗員に「荷物はどうなってるの?」と聞くも「乗ってたバス会社に聞いて」とのこと。
元々乗っていたバスの運転手や添乗員は故障した場所に残ったし、そのバス会社の窓口は8時から営業とのことで状況が分からないため、仕方なく8時までバス停で待つことに。

7時40分頃、窓口が開いたので荷物のことを言いに行きました。
店開け係の少年がどこかに電話して「あと30分くらいで来る」と言うのですっかり安心し、まずは出入国を済ませることにしました。

ここの国境は珍しいことに国境らしい国境が全くない。
パラグアイとブラジルで名前が違うけれど、実際は複合都市で1つの町になっていて、中央にある道のあっちとこっちが別の国って感じなのですが、普通の道路なので歩いて横断できます。
町を行きかう人々はあっちに行ったり、こっちに来たり。
ただ、看板の文字はスペイン語とポルトガル語、ブラジル側には黒人さんがいるのがちょっと違う感じがします。
日本でいえば、新宿3丁目から2丁目へ移動すると何だかちょっと雰囲気違うって感じでしょうか?

そして変わってることにお互いの出入国管理事務所(イミグレーション)の場所が逆で、パラグアイのイミグレはブラジル側の奥の方にあり、ブラジルのイミグレはパラグアイの近くにあるんです。

パラグアイの出国をするためには、まずブラジル側へ3km程進まないと出国できません。
そしてブラジルのイミグレはパラグアイ側の近くなので、ブラジル入国するのに今来た道を今度は3km弱戻ります。

そして、ブラジル側のバスターミナルはブラジル側のもっと奥の方なので、パラグアイのイミグレへの道を通って更に奥へと移動します。

イミグレでは荷物検査など一切無くパスポートを渡すだけで楽チンでしたが、出入国するだけで同じ道を行ったり来たりと6km以上も移動する羽目になります。
歩きじゃキツいし、タクシーだと高いので、ローカルバスを乗り継いで時間も掛かりました。
国境らしいものがないので、こうなっちゃったんでしょうけど、もうちょっと場所を考えて設置すればいいのにね……旅行者泣かせの場所なのでした。

でもって僕らの場合、出入国後に荷物を取りにパラグアイのバスターミナルに戻ったので、更に面倒でした。

結局1時間半ほど掛かって出入国を済ませ、ターミナルのバス会社へ戻ると先ほどの少年ではなくオッサンが居て「荷物は夕方5時まで来ない」との事。
さっきの子供が「あと30分で来る」って言ってたのは、このオッサンが来るってことだったのね……なんか単語が食い違うと思ったよ。

「移動させようとした荷物を移動させず、結局荷物は夕方にならないと着かないとはどういうことだ?
こちらは早く移動したいし、昨夜から寝てないんだぞ。
バスの故障はそっちの問題だっ!」

片言&適当なスペイン語で文句だけは強烈にアピールすると「バスは俺のせいじゃない、夕方5時にしか来ないから5時に来い!」とおっさんが逆切れ。

これには益々頭に来たけれど、忘れてました、ここはパラグアイなのです。
人は良いけれど、男は働かない&頭の悪い連中ばかりなので、揉めても損するのはこちらだけ。
※その昔、ブラジルとの戦争でパラグアイ男性の殆どが死に、残った男1人に対して女性10人の割合になり、男はチヤホヤされて全然働かない&バカになったらしいです。嘘のような本当の話。

たまたま居合わせたおばちゃんに助けを乞おうと事情を説明したら、運よく宿の経営していて、バスターミナル横のボロボロの宿に夕方5時まで10レアル(≒5USドル)で仮眠することができました。

しかし、この宿、中東のシリア以来1年くらい振りの非常に汚い宿で、追い討ちをかけるように、断水中で共同トイレは汚水満載。
とりあえずベッドのシーツはキレイ&寝不足だったので、部屋の汚さは大して気にもならず、そのまま爆睡しました。

午後3時に目覚め、「もしかしたら早く届いているかも?」と期待して見にいくもやはり荷物は届いていません。
午後4時にも見に行くも同じ。

そして、午後5時。
やっぱり届いていません。
おやじに「電話で確認しろ」と言っても、言い訳ばかりで電話しません。

5時半、まだ来ません。
顔を出すなり、おやじは面倒くさそうに「ノー!」とだけ。怒。

部屋に戻るとき、入り口に居た宿のおばさんが「いつまでいるの?」と聞いてきました。
僕らが寝ている部屋は他の客が泊まっている部屋で、6時にはその客が戻ってくるという。
「二重に部屋代取っとるんかい!!」と思わず日本語で突っ込みつつも、「荷物が届かないから困った……」とガックリした様子を見せると、ニヤリとして他の部屋を案内してくれました。

「こっちに移って。冷房も付いてるよ」とおばちゃん。
この時期はかなり寒いので、もちろん冷房なんて要りません。
「この部屋いくら?」と聞いても「大丈夫、大丈夫」と言って値段を言いません。
これは怪しい……冷房付きをアピールしていたので高い部屋に間違いない。
こんなにボロボロで汚い宿で高い金を取られては困ります。

再度値段を聞くも「大丈夫!」と言って値段を言いません。

パラグアイのバスは旅行者に対してボッタクリをするので、宿といえどもちゃんと交渉しておかないと油断なりません。

しつこくもう一度代金を確認しましたが、それでも値段は言いません。
もう意味が分かりません。

何が大丈夫なのか?なぜに値段を言わない?
完全に人の足元を見ています。

絶対怪しいんですが、荷物が届かないことには動けないしで、仕方なく翌日にモメるのを覚悟で泊まることにしました。

そして夕方6時。
窓口、閉まってるよ!!

久しぶりのトラブルにムカムカして思わずオフィスに放火しそうになりました。

腹が減っては戦は出来ぬと、宿がバーを兼ねていたのでご飯をそこで食べたのですが、メニューも無いので適当に作ってもらいました。
支払いをしようとすると「明日まとめて払えばいいよ」と言ってきます。
うむむむむ、それがどうも怪しいんだっつうの!

他の客はご飯食べてビール飲んで2USドル分程度しか払っていなかったので、とりあえず「じゃ、明日ね」と戦いは明日へ。

起きていても腹立つばかりなので、シャワーを浴びてさっさと就寝。
毛布がないと寝れないくらい寒かったのですが、毛布が臭くて辛かった。
腹立たしさは増すばかり……。

そして翌日、朝8時半にオフィスに行くと、荷物届いてました。
ああー良かった、放火をせずに済みました。

よし、次はおばちゃんに支払いだっ!とおばちゃんに「荷物来たから出ます。宿代と食事代いくら?」と言うと、おばちゃんがニヤリと「25レアル(1350円)」。
実際の内容を考えるとちょっと高い値段なのですが、大した金額ではないのでOKしました。
忌々しい場所はさっさと離れて、新天地へ行くのが吉なのです。

久々のトラブルは疲れるばかりで、トラブルを楽しむ余裕がありませんでした。

ああ、疲れた。

というか、これを最後まで読んだ方、お疲れ様でした。

赤りんご世界一周新婚旅行、3年目の荷物喪失赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!

浮気の現場 : 2009.08.03 Monday

   
別に本気で浮気をしようと思ったわけではないんです。

そもそも、ひろみんは気まぐれ猫な感じなのですが、正直、僕は猫は嫌いなのです。
いつも「犬のようにワンワンって24時間くっついてくれる女性がいい」と心から思っているのです。

そんな僕の心の隙間に、気が付けば彼女が満ちておりました。

僕のことを心から愛してくれる彼女の優しさに触れ、いつしか僕も彼女を愛していると気がつきました。

それから二人が恋に落ちるのに時間は掛かりませんでした。

ひろみんに隠れて浮気を続けていましたが、ひろみんの猫センサーというか、宇宙人的第六感というか、「怪しい……」と疑われて、ついにばれてしまいました。
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・
       ・

浮気の現場を激写されあせる二人

いやー、焦ったなぁ。

やっぱり僕は犬が好き! というかトゥルーチャ大好き!!!


トゥルーチャファンの皆様、すみません。

赤りんご世界一周新婚旅行、3年目の真実赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!

けんぽこ、拳銃で撃たれ… : 2009.07.21 Tuesday

   

殺人未遂犯A子さん(笑)

それは結婚記念日の前日、7月17日の出来事です。

綾子おばあちゃんと一緒にTVを見ていて話題が銃の話になりました。
すると「私、鉄砲持っているのよ」とおばあちゃん。
寝室に行ってゴソゴソゴソゴソ……「ほらね」と見た目かなり年季の入った拳銃をぶら下げて現れました。
登録制の拳銃で不法なものでもなんでもないのですが、おばあちゃんはガンマン気分で、ちょっと銃をこっちに向けたりして「弾は入ってないから、カチカチしていいわよ」とテーブルにゴトッと置いて僕らに渡してくれました。

早速手にとってトゥルーチャを撃つマネしつつ、念の為にスライドを少し引き中を覗くと、なんと弾が入っているではないですか!

「これ、弾入ってるよ!」と突っ込むと「あらっ、大変!さっき撃っちゃう所だったわ、オホッ!(笑)」とおばあちゃん。

あわわわわわ……さすがは綾子おばあちゃん、というか、そこ笑うところじゃないです。

「危ないから弾抜いて頂戴」と言われたので、弾を抜こうとスライドを引くも旧式なのか弾は落ちてこず。
安全装置もないのでしっかり指で押さえて、ビクビクしながら弾をピンセットで挟んで引っ張りました。

その瞬間、ドンッ!!!!!
銃弾は床にめり込み、愛犬トゥルーチャはギャイン!!


てなことはなく、無事に弾を抜き、ホッとしたのでありました。

おばあちゃんに撃たれていたら話としては面白いけれど、マジメにシャレにならなかった上野山荘事件、結婚記念日前日に殺されるところでした、危ない危ない。

銃の取り扱いは重々注意あれ!!


ひろみんと拳銃

赤りんご世界一周新婚旅行、3年目のロス疑惑!?赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!

愛と悲しみの上野山荘 : 2009.07.12 Sunday

   

雪の日の散歩の1コマ

上野山荘の愛犬トゥルーチャは「散歩」という日本語を理解しています。
多くの旅行者がお散歩するときに「散歩」と言うのを覚えたんでしょう。

なので、トゥルーチャに向かって「散歩」と言えば、寝ていてもムクリと起きてバタバタしだし、飛び跳ねて両前足で腰の辺りをボンッ!と押してきて「早く行くよ、外に出るよ!」と急かしてきます。
これを僕らは"散歩連れてけ攻撃"と呼んでいます。

そんなトゥルーチャにひろみんがよくすることが「トゥルーチャ、散歩行こか!」とウソの誘いをかけること……。

先日、曇り空の寒い午後、ひろみんが突然、「散歩、散歩」を連発し、トゥルーチャの散歩モードをONにしました。
トゥルーチャは大喜びでバタバタしだし"散歩連れてけ攻撃"を僕にしてきます。

「あれ?ひろちゃん、散歩行くの?」と僕。
「ううん、けんぽこが」とひろみん。

寒いの苦手なひろみんは全く外出する気はなく、単にトゥルーチャに「散歩、散歩」と言って遊びたかったらしい。

綾子おばあちゃんとひろみんに「いってらっしゃい」と、今日も一人、寒い空の下、トゥルーチャの散歩に出かける僕。

トゥルーチャは、僕が「おいで」と言えばすぐに足元にくるし、他の犬やひろみんをナデナデすると焼もちを焼いて「キュゥン、キュゥン」と鳴きます。
散歩は首紐をつける必要もなく、夜は僕の顔に顔をくっ付けて寝てきます。
トゥルーチャの方がひろみんよりもずっと僕を愛してくれているに違いない。

ひろみんじゃなく、トゥルーチャと旅をしたいワーン! ウワーン!涙

赤りんご世界一周新婚旅行、3年目のボヤキ赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!

豚インフルがやってきた : 2009.05.21 Thursday

   

ひろみん&トゥルーチャの寝姿
ゴホゴホ、って風邪ひいてるわけじゃないですよ。

只今、ウシュアイアの上野山荘で管理人をしてます。
と言っても旅行者も全然居ないし、管理人とは名ばかりで、綾子おばあちゃんと面白可笑しく過ごしている毎日です。

先日、いつものようにおばあちゃんとお茶をしていると「ジリリリリリ!」と玄関の呼び出し音。
たまに物売りが来るので、また物売りかと思いきや、そこにはファイルとノートを抱えたアルゼンチン人が立っており、ドアを開けるなり彼は流暢な英語で「インフルエンザの調査です。ヒアリングさせてください。」と話し出しました。
ここが日本人宿と知っているので英語の出来る方が来たのでしょう。

しかし、英語で聞かれているのに、いつものクセで何故かスペイン語で返事しちゃいます。
こちらがスペイン語で返したので、向こうはスペイン語に切り替えてペラペラ話しだすも、サッパリ理解できないので英語で質問しなおす。

英語を話すアルゼンチン人にスペイン語で答えている中国人風の日本人が、相手がスペイン語を話し出した後に英語で質問して話が全然噛み合わず。

やっと英語で話を聞くと「ウシュアイアは海外からの観光客が多く、インフルエンザが流行する心配があるので調査しに来た。風邪をひいている旅行者は居ないですか?」との事。

当初、新型インフルエンザの話が出たとき、アルゼンチン人は皆「アメリカの陰謀だ。嘘に決まっている。(注:アルゼンチン人はアメリカ嫌い)」との反応だったようですが、そんな適当なアルゼンチン人が、こんな町外れの日本人宿にも調査に来るなんて、新型インフルエンザは思ったよりも深刻なんでしょうか??

お客は2人しか居ないし、皆元気いっぱいなことを答えたら、「もしも誰かに高熱が出たら"観光案内所"に連絡してください」と言って帰っていきました。

ん? ちょっと待って……"観光案内所"??
きっと言葉の問題があるからでしょうが、"観光案内所に連絡"とは面白い。

日本で外国人旅行者が連絡するのはどこでしょう?
保健所?市役所? どこにせよ、JRみどりの窓口や観光案内所ではないですよね。
今回は特に、外国人専用電話番号を設けたりしてそうです。
そしてその告知や連絡の為に結構な手間とお金を掛けてそう。

観光案内所に連絡するのは何だか変だけど、こんな適当なアルゼンチンの方が日本よりも合理的だと思ったり。
いや、単にアルゼンチンは手抜きなだけか。

万が一のインフルエンザ流行時の対応は日本が一番シッカリしてそうですが、さて、これから冬真っ盛りの南米で新型インフルエンザ対策はどうなるやら。

ともあれ、まずは手洗い・うがいをシッカリしないとですね。
皆様もお気をつけあれ。

赤りんご世界一周新婚旅行、3年目赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!

先週、妻が浮気しました : 2009.03.23 Monday

   
ということで、僕は枕を涙で濡らしてます。

詳しくは、ひろみん日記 をどうぞ。

赤りんご世界一周新婚旅行、3年目の浮気!赤りんご
コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。

コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM