交通事故に遭いました : 2008.02.08 Friday

   
といっても大した事故ではないですが。

イエメン時間の2月7日の午後2時40分頃、市場で車とぶつかりました。
今はもう痛みもなくて走れるほど元気なのですが、ぶつかった時は膝に激痛が走って歩けませんでした。

今回はダラダラと長いですが、そのお話。
あまりにムカついたのでHPの更新よりもブログを優先であります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
野菜市場を歩いていると、狭い道に強引に入ってきた車が一台。
避けるも遅く、左足の膝にぶつかりました。
ぶつかった瞬間、膝が逆に曲がり激痛。

車はそのまま進もうとするも人ごみで進めずで止まった車の運転手と助手席の男に日本語で「お前ぶつかったぞ!足がメッチャ痛い、病院、病院!ホスピタル!」と怒鳴りまくりました。
すると周りに人々が大集合。

運転手は笑って済まそうとするので大声で「ポリース!」と言うと、他のイエメン人が運転手と何やら話して「車に乗れ」との事。
運転手が病院に連れて行くようです。

一緒にいた"さっちゃん"が咄嗟に同乗してくれました。
(ひろみんは、たまたま宿で留守番)

が、100m程進んで車を止め「OK、OK、ハラス(終了の意味)」と言って逃げようとします。
再度「ポリース!」と怒ると、焦って"ちょっと待て"のジェスチャー。

どこへ行くのか車内から見ていると、なんと、この状況で"カート"を買いに行ったのでした。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
"カート"とは大量に口に含み継続して噛んでいると覚醒する葉っぱでイエメン人はこれが大好き。
アラーの教えでお酒がNGなので、その代わりにカートで楽しく酔う(というか覚醒する)のです。
お隣のサウジアラビアでは麻薬として禁止されているものです。
イエメンでは警察や軍隊でも職務中にやっている。
イエメンはカート無しでは生きられないダメ人間だらけ。
カートがある限り、イエメンの発展はないでしょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夕方前頃には、殆どのイエメン人(男)は、大量のカートを"ほっぺた"に含み、こぶとり爺さんのような顔になっており、そしてハイテンション。

日本だと、車をぶつけた後に酒屋にウイスキーを買いに行くような感じでしょうか。
久々に心の底から呆れました。

さっちゃんがカートを買いに行った運転手を呼びにいってくれて、やっと戻ってきましたが、オヤジはカートを買ってニヤニヤしています。

運転手に「ホスピタル!ホスピタル!」と怒鳴り、やっと車は病院へ。
しかし車中でこちらを心配する様子はなく、助手席の男と笑いながら運転。
怒りで頭の血管が切れそうでした。

車を降りる時に「病院のお金はあなたが払うんだよ」とジェスチャーを交え説明すると助手席の男が降りて一緒についてきました。
実はこの時点でもう足は大して痛くなかったのですが、わざと足を引きずり男の肩を借りつつしっかり捕まえて病院に入りました。
念のために運転手と助手席の男、それに車の写真撮影。
そして車はそのままどこかに。

病院に入って直ぐに診察。
英語が話せる先生が来たので状況を説明し、最後に「お金は彼が払うので彼に請求してくれ。」と言うと「分かった。問題ない。」と先生。
そして触診しつつ診察開始。

その時、助手席の男が電話を掛けるジェスチャーして外へ出て行きました。
怪しいと思ったさっちゃんがとっさに後を追っかました。

触診が終わり、レントゲン撮るからと部屋を移動しました。

レントゲン室に入ると、後ろから「あいつ、逃げてった!くやしい!」と怒りながらさっちゃんが戻ってきました。

話を聞くと、男は病院を出るや走り出し、通りかかったバイクに乗って逃亡。
「待てー!」と叫びつつ追っかけるさっちゃん。
それを聞き、逃げる男を止めようとした人達が居たものの、うまく逃げていったようです。

追っかけるなんてスゴイよ、さっちゃん。
追っかけてくれて、ありがとう。
新たな危害が無くて良かったです。

で、先生に「彼は逃げたけど、車と顔の写真撮っているよ。」というと、「OK. Good!ポリスを呼ぼう。支払いは心配するな。」と言ってくれました。

安心して膝の正面と横からレントゲンを取り、再度診察室へ。

直ぐに恰幅のよい警官が現れ、調書を取り始めました。
英語が通じないので他のスタッフが通訳。
デジカメを見せると「OK!Good!」と車の番号を控える警官。

これで彼らに何かしらの罰があるはずです。
逃げた天罰が下りますように!!

その後、先生が現れて「骨には一切異常なし。筋を痛めたようだ。1週間で治るから心配ない。」との事。
帰る頃には痛みも無くなり(病院では痛いふりをし続けましたが)、骨に異常もないしもう安心。

宿に送ってもらう途中で車を降りて、スーパーで買い物して歩いて帰りましたとさ。

ああ、やれやれ。

●余談:これぞイエメンの病院だ!

病院内を観察し、いくつか面白いことを発見したので書き留めます。

・大きな病院なのに普通に停電。手術中とかどうするんでしょ?
・患者が居ても泡だらけのモップで床掃除。床が泡泡で滑りまくり。
・病院内は"カート"持ち込み禁止。(入口で預ける)

極めつけは、
・看護婦さんの格好は薄いブルーのナース服。
 しかし顔は黒い布で覆って目のみ見える状態。(イスラム教)

見た目が怖いです、超怖い。
「まるで天使のようだ」ではなく「まるで地獄からの使者だ」が正解。

関連する記事
コメント
久しぶりのけんぽこコメント、安心しました〜
  • 旅路卓
  • 2008/05/14 11:14 PM
旅路卓さん>>
世の中、ホント、いろいろあるんです。
結構長く旅をしていますが、毎日が良くも悪くも刺激だらけで。
楽しくとも辛くとも人生を謳歌していきたいアフリカ生活なのであります。
  • けんぽこ
  • 2008/05/11 11:18 PM
旅路卓さん>>
世の中、ホント、いろいろあるんです。
結構長く旅をしていますが、毎日が良くも悪くも刺激だらけで。
楽しくとも辛くとも人生を謳歌していきたいアフリカ生活なのであります。
  • けんぽこ
  • 2008/05/11 11:16 PM
けんぽこさん、お久しぶりです!旅路卓です!
長らくコメントしなくてすまんなぁ。
けがも完治したようでなによりやなぁ〜。

この先、まだまだ長〜い旅が続くやうで、いつまでもエキサイティングでんなぁ〜。

いつまでも奥様と仲良くしぃ〜や!

え?ぼくでっか?まぁ、世の中いろいろありまっさ。
ほなら、またね!
  • 旅路卓
  • 2008/04/17 1:20 AM
りょーちゃん>>
足の具合、ほぼ完治しました。
まだまだ旅は続きますよ。
アフリカ南下して⇒中東、ヨーロッパ、西アフリカ⇒アメリカ大陸へって感じ。
引き続き旅の無事のお祈りをよろしくです!
  • けんぽこ
  • 2008/04/01 11:04 PM
けんぽこ、書き込みはお久しぶり
足の具合はどう?
もう旅立って1年も経つんだねぇ
早いな〜。

日本では3月末にサクラの開花予報が出たよ。
そんな季節。

っつうか、まだ続くのか旅は(笑)
ホンマに気ぃつけぇや?

帰ってきたらひろみんさんも紹介してな♪


これからも旅の無事を祈ってます。

  • りょーちゃん
  • 2008/03/13 5:09 AM
カヅオさん>>
イエメン、のんびりした良い国でした。
でも、かなり観光づれしてきているので、来るなら今のうちですよ!
そちらは雨季のウユニですか!!いいですねー。
大地が鏡の世界を見てみたい。
僕は乾季に行ったので白い大地でした。涙。

中山さん>>
そうです、チベットのさっちゃんです。
あの後も数えくれないくらい再会してます♪
トルコで越冬しつつ東欧?
こちらは夏前にヨーロッパの予定です
  • けんぽこ
  • 2008/02/17 7:03 PM
御見舞い申し上げます。
でも、たいしたケガではなかったようで、
良かったですね。
脚が痛いと、旅行するのが辛くなりますし、
次に行くのがアフリカだと、ますます体力勝負ですしね。
だいたいどこの国に行っても、
日本より交通マナーが悪いし、
運転が乱暴ですよね。

今回大活躍の、さっちゃん、というのは、
アリからラサに北回りのバスで行った
女性のことですか?
(もうだいぶ昔の話みたいになってしまいましたが)

当方、パスポート更新のため、
イスタンブール沈没中です。
  • 中山浩志
  • 2008/02/16 2:00 AM
お久しぶりです。ってスゴイ経験してますね(^^;)逃げるあたりがさすが海外。。。

でもイエメン良さそうですね〜いいなぁ

こちらはボリビア、ラパス。明後日雨季のウユニに向かって出発です!
  • カヅオ
  • 2008/02/13 11:10 AM
うめの親子さん>>
いやいや、こちらこそお母さんのお陰で楽しいシャハラになり感謝です。
お母さん、元気すぎ!
揚げパンかどうかは分かりませんが、我らもユルユルでした。サナアに戻り、宿に着くなりトイレに駆け込みましたよ。涙。
今、マナハに泊まってます!!屋上の部屋ですよー。

たかしさん>>
人の良いイエメンでクソ野郎と遭遇してしまう自分が悲しい……演技や写真等、抜け目がないというか、今まで散々各国で騙され続けた結果の行動なのです。涙
  • けんぽこ
  • 2008/02/12 5:19 PM
けんぽこさん、お久しぶりです!セブンブリッジで、ボコられた、たかしです(笑)。

いやぁー、そいつ、クソ野郎っすね。どこの国にも、クソ野郎はいる、ということがわかりました。裏を返せば、どこの国にも、いい奴がいるんでしょうね。

しかし、さすが、けんぽこさん、カメラも演技も、抜け目がない。ご一緒している間も、そんなけんぽこさんを、いつも僕は尊敬していました!
  • たかし
  • 2008/02/12 1:09 AM
こんにちは。シャハラではどうもです。

母親は若い旅行者とのコミュニケーションが苦手で(若さ独特の入り辛さがあるじゃないですか)、でもけんぽこさんやジュンさんのお陰で輪に入れたようで娘としては良かったな、と思っていました。

シャハラで食べた揚げパンにあたったかも・・・。
やや下痢ぎみでトイレットペーパーなきゃ生きてけません。
尻にティッシュをひいてます(笑)。

そういえばマナハはフルだ、と言われたけど、どこにお泊りですか?
わたし達はアルナスルにいます。

この度は本当にどうもありがとうございました。
  • うめの親子
  • 2008/02/11 3:27 PM
さなちゃん>>
いや、真面目にすごく怖いって。
服装はナースなのに黒覆面。
落ち着いて治療受けられません。
ひざ、昨日シャハラに行って2時間半程山歩きしたけれど大丈夫でした。安心、安心☆

さわださん>>
翌日に運転手捕まり、只今、牢獄中です!
そうなんです、"さっちゃん"の内なる力は人の10倍あるんです。僕よりずっとタフなのです。

ちおりさん>>
教えていただいたシャハラ行ってきました。
ホント、マチュピチュよりも素敵でビックリ!!
ありがとうございました。
そちらこそ、養生くださいませ。
こちらの事故より、そちらのコレラの方がヤバイでしょ!!!

ポロリ>>
さっちゃんとは、何回も何回も偶然を超えた奇跡の再会を経て、今では僕らの妹気分ですよ。
日本無事帰国、おめでとう!
彼女も出来たし、最高の世界一周じゃん!!
帰国したら紹介してね。

YOさん>>
そうなんですよねー。
楽しかった思い出よりもヤラレた最悪の思い出の方が、想いに残っちゃって…って、もうヤラレないですから!!

さっちゃん>>
今となっては笑えるけれど、あの時は二人で激怒したよねー。笑
一緒にいてくれて本当に助かりました!
いつもありがとう
  • けんぽこ
  • 2008/02/11 4:41 AM
とんだ災難でしたよね、まったく。まるでドラマのワンシーンのように、バイクの後ろに乗って逃げていきましたからね。お役に立てず、ふがいないです;
しかし、なかなか見られないイエメンの病院を見ることができて、私も貴重な経験ができました。
足、お大事にしてください!
  • さちこ
  • 2008/02/11 1:15 AM
御無事?、で何よりです。
無責任にもヤラレてるのが好き、とコメントしましたが。

死なない程度にヤラレて下さい。
ヤラレた最悪の思いが、後々最高の想い出になります様に祈って。
  • YO
  • 2008/02/10 11:26 AM
さっちゃんってあのさっちゃん!?
また一緒に行動してるんですか?
そういうのって旅の醍醐味ですよねー☆
僕は無事に、彼女と帰国しました!
自分でも最後まで続くかなぁと思ってたんですけど。
大阪と東京 7歳違い
がんばれるとこまでがんばります☆
  • ポロリ
  • 2008/02/10 4:32 AM
タイトル見てびっくりしたー!!
いや、ほんま最悪ですな。無事でよかった。
それにしても、写真撮るという機転の利きがすばらしい。
天罰下りますよ、がつーんっと。
いや、養生してください。
  • ちおり
  • 2008/02/09 8:11 PM
もう膝は大丈夫ですか?
いやータイトル見たとき、ビックリしました。何がおきたんだろう、もしかした大怪我・・・?なんて、ハラハラしながら、ページをクリックしました。

とんだ災難でしたけど、おおごとにはならなくてよかったです。逃げた運転手は今頃もっと痛い目にあっていることでしょう。俺もガンガーにそうなることお祈りします。

それにしても、さっちゃん,すごい活躍(?)でしたね〜。
普段はおっとりしてる感じなのに実は頼りなる強い子?
伊達に、女の子世界ひとり旅してませんね!

では、お大事に!治安にも気をつけてください!!

  • さわだ
  • 2008/02/09 4:32 AM
まるで地獄からの使者だ

大爆笑しちゃいました
エジプトでは、髪の毛だけかくしていたから
しかも、想像がつく私は、PCの前で声出して一人で笑っちゃったじゃないですか!

それにしても、なんたる被害
ゆるせん!イエメンは人がよかったのに!キー
足歩けるようになっても、これから長旅だから、どっかで見てもらってくださいね!
後々「風がふくと、痛みが。。。」とかってなっちゃうかもぉ・・・
  • さな
  • 2008/02/08 9:03 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM