カイロの地下鉄にて : 2008.01.19 Saturday

   
今回は少しだけマジメな話。

カイロの地下鉄の通路を歩いていた時の事。

地下道の壁一面に↓の絵がタイルで描いてありました。



これ"ヒットラー"ですね、ユダヤ人大量虐殺の張本人。
【1月24日追記】
※これエジプト第2代目大統領ナーセル氏でした。
凝り固まった自分の考えに反省。
しかし本人よりもヒットラーにそっくりで...大汗

一箇所だけではなくて、何箇所もありました。

イスラム教がユダヤ人を嫌うのは宗教観上どうしようもない事なのかもしれませんが、公共の地下鉄の壁一面にヒットラーを描いてしまうエジプトという国と人々。

どんな意図があってこのタイル画があるのか分かりませんが、非常に怖いものを感じました。

日本の常識≠世界の常識ですが、こんな場所にヒットラーを描く人々の常識とは一体どんなものなのか。

カイロの地下鉄、そこは「宗教戦争は永遠に終わらない」と思ってしまう場所なのでした。

コメント
本文に追記しましたが、あのタイル画、ヒットラーじゃなかったです...汗
凝り固まった自分の考えに猛反省、といいつつ今日も悪態をつきつつ旅行中。

kazuoさん>>
ホント、排他的なイスラムの考えは全く分かりません。
先日、「宗教は何か」と聞かれたので無難に「仏教」と答えたら「ブッダなんて存在しないぞ、やーいバーカ」と言われました。
ブッダもアラーも、所謂、"宗教上の神"なんて存在しないと思っているからいいんですけど、あまりにも露骨でドン引きでした。
しかし、隣でそいつを追っ払って「ごめんね」と言ってくれたエジプシャンもいたりして混乱。

結局は"人"なんですかね...。

ヒロさん>>
"ヒットラー好き"って中国っぽい
中国はユダヤどうこうってのは全然ないし、やはり良し悪しは別で強烈なリーダーに憧れるんでしょうね。
北京オリンピックのスタジアムに"毛様"の肖像が希望!
  • けんぽこ
  • 2008/01/24 7:34 PM
また中国ネタですが、中国人もヒットラー大好き。
宗教とは全く関係なくあの独裁カリスマ性がいいらしい。と中国旅行してたドイツ人がよく中国人に言われたと言いてました。
こんにちは。
これは見てないですね・・・。
ちょうど「ユダヤ人文化論」なんて旅にはおよそにあわない本を読んでたときなんで思わず反応しちゃいました。

ユダヤとキリストひいてはヨーロッパとの歴史は根が深いですね。

そこにイスラムのエジプト人。。。うーん理解しがたい。日本人には感覚として分かりにくい宗教の争い。

でも個人的に排他的な一神教は好きになれないです・・・。
  • kazuo
  • 2008/01/20 2:11 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM