どんどん変わるよ、アンコール : 2007.05.10 Thursday

   
世界遺産の中でもかなりメジャーなアンコールワット遺跡群。

しばらく振りに来てみると、いろんな遺跡が随分キレイになってました。

各遺跡への道路は全て整備&舗装され、キレイな水洗トイレも沢山あり、崩れていた石像等は修復され、汚れていた壁画はキレイに。

この調子でいけば、10年後には今とは全然違う遺跡になったりするかも?

変わったのは遺跡だけではなく、物売りの小屋も立派になって、観光客相手の暴利かたも数倍アップ。

なんと水1本25円のモノを100円以上で売っています。
言われたままの価格で買う観光客が増えたからでしょう。

一言「違うでしょ」と言えば、すぐに現地価格になる(これがカンボジア人の素直(?)な所)にも関わらず「はいはい、1ドルね。」と払ってしまう。

アンコールワットの中はランチはどこも3$でどの店も同じメニュー。
これも「違うでしょ」と言うと1〜1.5$で食べられます。
もちろん安くなっても、内容も量も何も変わりないモノが出てきます。

観光客がカンボジア人を"お金に汚くした"のは間違いないはず。

まあ、そのお陰で、アンコール周辺の観光に従事する人々の暮らしは向上し、国自体も潤い、政治も治安も安定してきているらしい。

当然、町なかもスゴイ勢いで整備されてます。

しかし、その結果、物価は高騰し非観光従事者との所得格差は広がる一方。
地方の人々の生活は益々苦しくなっている現実もある。
極貧のためか山賊が発生しだした地域もあるようで……。

何が良いのか悪いのか。

悪い部分もあるけれど、どんどん良い方向へ変わっているカンボジア。
いつかまた来てみよう。そのうち日本からの直行便も出来るでしょ。

そういえば、物売りは、英語と日本語だけでなく韓国語と中国語も堪能になっていました。
フランス語も話す物売りもいた。

どんどん変わるアンコール、その先にあるのは"電飾ピカピカの遺跡"だったりして?

関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM