Mr.Yes Man : 2007.05.03 Thursday

   
その男はヤンゴンにある「OKINAWA」というレストランに居た。
細身の彼は英語が話せないにもかかわらず欧米人だらけの店の"外人対応専用"ウェイターである。

旅行者の注文に一生懸命耳を傾け、「Yes,Yes」という。「No」という単語は知らないらしい。
笑ってしまう程の柔らかな物腰で、コーラやビールをテーブル上のコップに注ぐのにも膝と腰を曲げ、頭を下げてから注ぐ有り様である。
欧米人が苦労して注文している姿が微笑ましい。
自己主張の強い欧米人も彼の前にはタジタジである。

そんな彼が我々のテーブルにきた。

ヌードルスープが食べたいのにメニューない。
「ヌードルスープはあるか?」と聞くと「Yes」の返事。
その直後に「ミト、ミト、ミト」という。
「ん?ミト?なに?」と思っていると、「ポークorチキン」という。
「あー、meatね、はいはい。 チキン プリーズ」と私。
その瞬間、彼は「ノー チキン、ポーク、ポーク」と初めて「ノー」を使いポークを主張。

ポークしかないなら聞くなよ!と心の声。

仕方なく「ポーク プリーズ」というと「Oh Yes,Yes」といい厨房に。
去る時に頭を下げ、そのままの低姿勢で去っていく。

その後、他の注文は来たのにヌードルスープは来ず。
どうしたのかと聞いても話にならず、そのまま清算。

請求書にはヌードルスープの記述はなかった。
あの注文のやり取りはいったい何だったのか。

Mr.Yes Man、今日も「Yes」を連発し旅行者を惑わしているだろう。

コメント
ドッキリですか?

ちょっと笑いましたw
  • 司会者
  • 2007/05/03 10:30 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM