オーツホーンの偉人 : 2008.07.03 Thursday

   
ちょっと前の話。

南アフリカはオーツホーン。 その昔、ダチョウ産業で栄えた町で、今でも大きなダチョウ園が近郊にいくつもある。 「オーツホーンではダチョウに乗って走れる」と知ってから、この町でダチョウに乗ることが旅の目的のひとつになった。 "2本足で歩くダチョウにどうやって乗るのか"、"どのくらいの速さで走るのか"、"止まる時はどうするのか"などと興味は膨らむ一方。

そんなダチョウについに乗る日がやってきた!

自分の背丈よりも高いダチョウに跨り、振り落とされないように両方の羽をしっかりと掴んで柵の中を駆け周った。補助の2人がそれぞれ片羽を持って併走したけれど、僕は確かに、憧れのダチョウに乗ってアフリカの大地を走ったんだ!

羽を通して伝わる体温がとても暖かかった。

と、そんなオーツホーンで、この"ダチョウ乗り"よりも思い出深いことがありました。

それはオーツホーンの Pick'n Pay というスーパーマーケットでの出来事。

駐車場に車を止め、スーパーに入る途中、どこからともなく山羊の鳴き声が。
「おや?」と思いあたりを見回すも山羊は見当たらない。
いつの間にかニワトリが近づいてきて「コッコッコ」と、どうやら車の向こうに居るようだ。
「さすがはアフリカ、こんなアスファルトのだだっ広い駐車場にも家畜だよ。」
と思った矢先に、今度は牛!
「え!?」と思い、再度キョロキョロするも何も見当たらない。

強い日差しの照りつける駐車場は熱されたアスファルトから昇る陽炎で揺れていた。

って、その犯人はこれだ!

映像:オーツホーンの偉人(左クリック!)
※仕事中の方などはヘッドフォン使用、又は音声を下げて観てください。

彼は駐車場に散らばるスーパーの買い物カートを片付ける仕事をしている。
カートを集めては、スーパーの入口に戻すのが彼の仕事。

ひたすらカートを押しつつ動物のモノマネをやっている。
何もないアスファルトの駐車場が彼のお陰で動物達の広場となる。

時に白人達からモノマネに対してのチップを貰うのが彼の作戦なのかも知れないが、皆が彼のモノマネにキョロキョロし、彼を見つけた途端に微笑んでいる。

周りの人々全員を楽しくさせる彼は、とても素敵な仕事をしていると思った。

オーツホーンの偉人、Mr.William (我々はMr.Animalと勝手に命名)

今日も彼は照りつける太陽の下、Pick'n Payの駐車場で動物達を散歩させている。

いつの日か「さんまのからくりTV」にでも出演してもらいたいものだ。

渡航情報:レソトで殺人事件? : 2008.06.16 Monday

   
アフリカ大陸にて黒人から100%中国人に間違えられる けんぽこ。
※"ひろみん"はあまり「中国人」とは言われない。

顔はノッペリしていて、金ぴか縁の眼鏡。
ひろみんの散髪による角刈りっぽい髪型。
そして各国で購入してきた地味な"中国製"の服装。
こりゃ中国人と間違えられても仕方ない。

しかし、ボツワナの銀行で両替した時はヒドくて、日本のパスポートを出しているのにレシートには"From China"と印字されていた。。。

そんな中国人似のけんぽこが、レソトで殺人事件の危機に。
今後の渡航者の危険もあるので、いち早く(といっても既に1ヶ月も前の話ですが)ブログにて。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

それはレソトという国のマレアレアという場所の近くの山道でのこと。
ポニートレッキングで有名な場所なので、もちろんポニートレッキングをしにきたのですが、実際にはポニーは1匹もいなく、大型馬ばかり。
堂々と"ポニー"と謳っているくせに詐欺です、詐欺。

ポニーに乗りたかったからワザワザここまで来たのであって、大型馬なら来なかったよ!!
ま、素晴らしい景色の中の乗馬は楽しかったですけどね。
マレアレアに行く皆様、ポニーが目当てなら、ポニーは居ませんので要注意です。

って、話が逸れました。

で、このマレアレアの近くの山道を走っていると、前から枯れ草を山ほど積んだ牛車がやってきて道が塞がりました。

道幅が少し広い場所で車を止めて牛車が過ぎるのを待っていると、近くに居た地元のおばちゃんがニコニコと車に寄ってきて「お菓子を何か頂戴」。
他にも子供達2人が寄ってきて「お金頂戴」。
そして窓から手を入れてきます。

しつこく物乞いしてくるも、ずっと「無い無い」と答えていたら、突如、おばちゃんが

「I’ll kill Chinese!」 と絶叫し、プンプンして立ち去りました。

すみません、僕、日本人です。。。。

体を張って今後マレアレアに来るであろう日本人を救った けんぽこ なのでした。

ということで、マレアレアに行く予定の"中国人"の皆様、渡航の是非を十分検討してください。
多分、お菓子が欲しいおばちゃんに殺されます。

よし、今後も中国スタイルで行こう!
守るぞ、日本人!!

赤りんご コイタビ。ホームページもどうぞご覧ください。赤りんご
コイタビ。⇒世界一周☆濃い旅、恋の旅!


レソトは自然いっぱいの素朴な人々の国でした。


完璧なまでに中国人に変装中のけんぽこ。


1

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM