旅の磁石 : 2007.07.02 Monday

   
それは昼前、宿でボーっとしていると、ウラジオストックから車でロシア横断途中にモンゴルに立寄った二人組みが泊まりにきた。

その1人が、どこかで見たことのある顔。
向こうも「むむむ?」といった顔。

二人して「誰だっけ?知ってるぞ?」オーラ全開。

そして直ぐに思い出しました。

遡る事5年程前、アルゼンチンはブエノスアイレスの宿で1週間程一緒に過ごした人でした。
ウルグアイも一緒に遊びに行ったっけ。

当時、彼はバイクでアメリカ大陸を縦断してました。
旅行中に出会った日本人女性(これまたバイク)と仲良く旅行しておりましたが、その女性とも交際中との事。
そして、その彼女は今メキシコで働いているとの事。

何年も経って地球の裏側でまた再会とは、これは"偶然"なのか"必然"なのか?

きっと「旅の磁石」なんでしょう。

あえてメアドを交換せずに分かれました。
今度はメキシコで彼女を探してみよう。

旅にまたひとつ楽しみが出来ました。

"旅の磁石"よ、今後も沢山の人達との出会いを与えてくれ。

モンゴル語 その2 : 2007.07.01 Sunday

   
今の期間限定のモンゴル人の心を開く(?)、魔法の呪文。

『スモー・ハクホー・アサショーリュー!!』
よし、これで遊牧民の心を鷲掴み!!

と思ったら、地方の遊牧民には通じませんでした。

なぜか?

答え:電気がないからTVを見ない

ぎゃふん!


お菓子で心を掴むが吉でした。。。とほほ。

大草原のギュウギュウバス : 2007.06.30 Saturday

   
ウランバートルへ戻ってきました。

湖と大草原を馬に乗って満喫してきました♪
内容は「コイタビ。便り」に書くとして、移動のバスというかロシアンジープの話を一つ。

↓の車、客席は3列シートで一列3人掛け。


しかし3人掛けの座席に無理やり5人詰め込まれ"狭い・暑い・苦しい"の3重苦。

これだけでもゲンナリなのに、モンゴル人はデカイっ!
というか、太りすぎ!!

「おばちゃん、そのお腹の肉は何?」
「僕の足より太い、その二の腕は何?」
「その、首の無い体は何?」

老若男女どいつもこいつもスモウレスラーばりの体で、その図体で押されると、どんなに頑張っても勝てるわけも無く……。

ひたすらギュギュっと圧迫され続け、段々と気が遠くなってきます。
そのうち圧死する旅行者も出るんじゃないの?

モンゴルでのミニバス移動は"デブとの戦い"なのでした。

モンゴル語講座 : 2007.06.19 Tuesday

   
今の期間限定のモンゴル人の心を開く(?)、魔法の呪文を入手しました。

『スモー・ハクホー・アサショーリュー!!』

これで大概のモンゴル人はニッコリ笑い「なんだお前日本人か!」とフレンドリー♪
※僕はどの国に行っても中国人と思われます。

モンゴル語はサッパリ分からない&発音すら聞き取れないのですが、この魔法の呪文があれば何とでもなりそう☆

って、"ハクホー"って何??」
相撲、全然知らないし……と思って調べたら、朝青龍に続いてまたしてもモンゴル人が横綱になったんですね。

日本人力士には悪いが、こりゃいいタイミング♪

『スモー・ハクホー・アサショーリュー!!』
これを覚えりゃ、もうなにも怖くない??

魔法の呪文を携え、しばし大草原へGO!

更新は、しばし出来ません。

1

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM